宗像三女神の次女「湍津姫神」の和魂?が祀られている「中津宮」

宗像について調べていくうちに「宗像のルーツ」を
知りたくなり初めて大島に行ってきました

宗像大島にある世界遺産,中津宮には
宗像三女神の「湍津姫神(たぎつひめのかみ)」
が祀られてます

大島には御嶽神社という神社があり
そこには「湍津姫神(たぎつひめのかみ)」の
「荒魂(あらたま)」が祀られていると言われているので
「中津宮には和魂(にきたま)が祀らている」と推測できます

中津宮には

  • 「織女神社(おりひめじんじゃ)」
  • 「牽牛神社(けんぎゅうじんじゃ)」
  • 「天の真名井(あめのまない)」

といった名所があり「七夕伝説発祥の地」とも言われています

撮影日:2019年3月13日

織女神社(しょくじょじんじゃ)

織女神社の上の方まで行く強者は
いいことありそうですね(笑

めちゃくちゃ危険なので私はやめておきました。。。

牽牛神社(けんぎゅうじんじゃ)

撮影日:2019年8月12日(牽牛神社のみ)

こちらの画像は「織女神社側」から見た写真です

これが「牽牛神社」です・・・

ちなみに「牽牛神社側」から見た写真がこちら。。。

「織女神社」と「牽牛神社」が向かい合っています^^

何も知らない方は高確率で見逃すと思います

本殿へ向かう階段は結構な段数がありましたので
足腰の弱い方は気を付けてください

階段を背に海を見た写真がこちら

宮地嶽神社の「光の道」に似てます

中津宮「本殿・拝殿」

中津宮には宗像三女神の次女
「湍津姫神(たぎつひめのかみ)」が祀られています

中津宮は「宗像大社辺津宮」にも分祀されてます

鰹木(かつおぎ)

中津宮本殿の屋根に乗る「鰹木

通常は丸いものが複数のっていますが
中津宮では丸を3本束ねたものと
四角を3本束ねたものがのっています

鰹木は陰と陽を表し、3つ束ねたのは
宗像三女神を表わしていると言われています

守札授与所・御朱印

天の真名井(あめのまない)

日本神話によると
天照大神が十束剣(とつかのつるぎ)を3つに割り
天の真名井の水と一緒に口に含んでかみ砕いたところ
そこから「田心姫神(たごりひめのかみ)」
「湍津姫神(たぎつひめのかみ)」
「市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)」の
宗像三女神が生まれたとされています

ここの水を飲むと「長生き」出来そうな気がします・・・

その他・中津宮の風景

宗像三女神の長女「田心姫神」が祀られている「沖津宮遙拝所」

宗像市大島での移動手段はレンタサイクルかバスがおすすめ