世界遺産

宗像,世界遺産|中津宮(なかつぐう,なかつみや)

宗像について調べていくうちに宗像のルーツを知りたくなり初めて大島に行ってきました。この大島にある世界遺産,中津宮(なかつぐう,なかつみや)には宗像三女神の湍津姫神(たぎつひめのかみ)が祀られており、遠く離れた沖ノ島に祀られている田心姫神(たごりひめのかみ)を参拝するためにつくられた沖津宮遥拝所(おきつぐうようはいじょ)があります。

中津宮には「織女神社(おりひめじんじゃ)」,「牽牛神社(けんぎゅうじんじゃ)」,「天の真名井(あめのまない)」といった名所があり「七夕伝説発祥の地」とも言われています。

訪問日,2019年03月13日

織女神社(しょくじょじんじゃ)

織女神社(しょくじょじんじゃ)の上の方まで行く強者はいいことありそうですね(笑 めちゃくちゃ危険なので私はやめておきました。。。牽牛神社(けんぎゅうじんじゃ)の存在を知らずにこの日は帰ってきてしまいました・・・後日、牽牛神社も写真に収めてこようと思います。ちなみに牽牛神社は道路を挟んだ丘の上に祀られているらしいです。

中津宮,本殿,拝殿

中津宮には宗像三女神の次女,湍津姫神(たぎつひめのかみ)が祀られています。中津宮は「宗像大社辺津宮」にも分祀されてますのでそちらを参拝されてもいいかもしれません。ちなみに沖津宮の参拝はここ大島では「沖津宮遙拝所」で参拝でき、「宗像大社辺津宮」でも中津宮と同じように分祀されているので沖津宮を参拝することが出来ます。

鰹木(かつおぎ)

中津宮本殿の屋根に乗る鰹木。通常は丸いものが複数のっていますが、中津宮では丸を3本束ねたものと四角を3本束ねたものがのっています。鰹木は陰と陽を表し、3つ束ねたのは宗像三女神を表わしていると言われています。

守札授与所,御朱印

天の真名井(あめのまない)

日本神話によると、天照大神が十束剣(とつかのつるぎ)を3つに割り天の真名井の水と一緒に口に含んでかみ砕いたところ、そこから田心姫神(たごりひめのかみ),湍津姫神(たぎつひめのかみ),市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)の宗像三女神が生まれたとされています。

ここの水を飲むと長生き出来そうな気がします・・・

その他,中津宮の風景

あわせて読みたい
宗像,世界遺産|沖津宮遙拝所(おきつぐうようはいじょ)行きたくて行きたくてしょうがなかった宗像にある世界遺産に登録された沖ノ島遙拝所へついに行ってきました!天気が最高によかったのが本当に良か...
あわせて読みたい
宗像,世界遺産|新原・奴山古墳群宗像で訪れることのできる世界遺産,最後の訪問地は新原・奴山古墳群です。こちらの世界遺産はボランティアの方が常駐されているので直接詳しいお...
あわせて読みたい
宗像,世界遺産|宗像大社,辺津宮(へつぐう,へつみや),本殿・拝殿宗像の観光名所であり2017年に世界遺産に登録された,宗像大社は大きく3つの宮と高宮祭場(たかみやさいじょう)がありますので一度に書くと...