地島 Jinoshima

宗像市地島『豊島地区』編・・・おすすめは登山とウォーキング

宗像のブログを書くようになって地島の事を何も知らないなと思って地島に行ってきました

地島は宗像市です

結論から言いますと、地島は自然がいっぱいです

釣り,登山,ウォーキング」が趣味の方には最高のスポットだと感じました

私は釣りに関しては素人なのですが、釣り人が平日に地島まで釣り具を持ってくるのですから釣り場としてはかなり良いのだと素人の私でもわかりました

しかも1人2人じゃないのです

そして、「登山,ウォーキング」の格好をした老夫婦や中年の男性がちらほら

私はとんでもない島に上陸してしまったのかもしれません

今回は「豊岡地区」,「つばきロード倉瀬コース」,「つばきロード遠見山コース」,「泊地区」の4カテゴリに分けてご紹介したいと思います

基本的に「写真の紹介」になります

訪問日:2019年03月05日

地島の中心地,豊岡地区

上記の写真が地島を象徴する写真です

いろんな写真を撮りましたがこの写真が一番好きです

写真の左手にフェリー乗り場があります

フェリーは約2時間おきに到着して豊岡(白浜)発は17:30が最終便です

フェリー乗り場のすぐ横に釣り場がありますのでみなさんフェリーから降りてすぐ横の釣り場で釣りをされていました

よくある防波堤なので「釣り」に向いていると思います

料金はかからないと思います

釣具屋さんなどは見当たりませんでしたので「宗像市内の釣具店で買っていく」のが正解ですね

東郷橋から宗像大社に向かう道中に「吉田釣具店」がありますのでそこがいいと思います

宗像地島豊岡地区」の集落はここがメインになります

もう一つは「泊地区」という集落が地島の南部にあります

神湊発白浜行きは朝一番のフェリーが7:45分発,8:10着なので「最大9時間は地島に滞在で滞在できる」ことになります

ちなみに地島に宿泊施設はありません

売店は島の一番端にある「泊渡船場」近くに一軒ありました

飲食店は「なごみ」というお店がありますが、基本的に閉まっていますので電話で連絡して予約する方式なのかもしれませんね

地島に渡るときの注意点

水と食料は自分で持参しないと現地で確保するのは難しいです

水は島に2台自動販売機がありますが売り切れの可能性もありますので持参するのが正解だと思いました

幸い私は500mlのペットボトルを3本買うことが出来ましたが売り切れだったら島を1周出来なかったと思います

長期戦の方は多めに水分を持って行った方がいいかもしれませんね

ジュースやコーヒーでも構わないよって方は自販機が空っぽになることはないと思いますのでその都度買えばいいと思います

ただ自販機は島に2台しかありませんので注意が必要です

ちなみに1台は「白浜渡船場を降りて歩いてすぐ」にあります

2台目は「泊渡船場付近」にあります

泊渡船場にある売店には立ち寄れなかったので、そこに弁当やパンが置いてあったのかは確認できていません

そこになければ地島でご飯を食べるには豊岡地区にある「なごみ」で食べるしかないと思います

なので、お弁当も持参したほうがいいと思いました

実際多くの登山客が山頂で持参したお弁当を食べてらっしゃいました

「登山,ウォーキング」をされる方へのアドバイス

豊岡地区ではないのですが、「登山,ウォーキング」する皆さんへの情報です

以下は「つばきロード」の写真です

最後の写真すごくないですか?

これは「沖ノ島展望台」に行く途中の道です

靴だけは「登山できる靴」にしましょう・・・・・

豊島地区にある神社「牧神社」

豊島地区・交流広場

地島渡船待合所

白浜渡船場の目の前に「待合所」がありますので雨の日はこの中で待つことが出来ます

私が行った日は快晴だったのでずっと外にいました

地島は「海」がきれいです

透き通っています

宗像本土から「15分と400円」でこんなにも「すばらしい自然」を体験できるとは知りませんでした

子供さんには是非「体感してほしい」そんな地島です

宗像市地島『つばきロード倉瀬コース』編今回の記事は、2つある登山コースのうち「つばきロード倉瀬コース」をご紹介します 宗像市地島に「ウォーキング」に来られる方はこちらの「つ...
宗像市地島『つばきロード遠見山コース』編宗像市地島の散策も中盤戦です 初めて地島に来たのですが本当に自然がいっぱいです 大人も子供も是非来てほしいそんな島です 特に毎日の...
宗像市地島『泊地区』編・・・おすすめは釣りと海水浴宗像市「地島」シリーズ最後の紹介は『泊地区』です 地島に滞在したのは約4時間でしたが、島をほぼ1周できたと思います 本来なら「泊渡船...