地島

宗像市地島『つばきロード遠見山コース』編

宗像地島の散策も中盤戦です。

初めて地島に来たのですが本当に自然かいっぱいです。

大人も子供も是非来てほしいそんな島です。

特に毎日の生活に疲れ切っている方とかにはリフレッシュできると思います。

空気がきれい!

海もきれい!

海のにおい!

さて本題ですが、「つばきロード遠見山」コースは本格的な登山コースです。

大師堂から沖ノ島展望台に上る場合は注意が必要です。

全く事前情報を入れてなかった私は目の前の光景に愕然としました・・・

が、せっかくなのでチャレンジしました!

たぶん生還できるだろう・・・

訪問日:2019年03月05日

「つばきロード遠見山コース」の全貌

「沖ノ島が見えたらいいな♪」という軽い気持ちでスタートしましたがまさか壮絶な登山が待っているとはこの時は知りませんでした。。。

それではご覧ください。

ここは「大師堂」だと思います。

沖ノ島展望台「左」・・・

どっから進んでいいのかしばらく探しました。。。

ここから先は覚悟して進入してください!

本当に危険です。

まずは、舗装されていないけどきれいな道がしばらく続きます。

徐々に道幅が狭くなり、道が斜めになってきます。

しかも基本土で出来た道です・・・

左を見ると斜面です。。。

普通に落ちちゃう人いると思います・・・

先に進みます。

はい。

大きな木が道をふさいでいます。。。

しかも道が狭く道は斜めに傾斜していて土の道なので前日雨でも降っていようものならぬかるみで滑りそうです・・・

難関を通り抜けた後も、悪道は続きます・・・

この道を見て、登山するかどうかを決めたらいいと思います。

しかし、ここを突破すればある程度まともな道になり、頂上には絶景が待っています。

あと少し。

見えた!

まともな道!

周りはこんな感じ。

階段があるだけ幸せです。。

あと200mもあるのか・・・

戻っても400mか。。

帰りは600m戻るんだな・・・

ここから登れるならみなさんにおすすめできるウォーキングコースになるのですが、ここまで来るのがちとハードルが高いと思いました。

水を持ってきてなかったら頂上で息を吹き返せなかったと思います。。。

ここの空気感すごいパワーがもらえる感じがしました。

結構、階段が続きます。

階段があるだけありがたいです手すりも・・・

頂上が見えました。

こちらは「倉瀬展望台に比べて眺めは良くない」ですが、天気が良ければ沖ノ島が見えることがあるそうです。

今日は見えませんでした・・・

今来た道を戻ろうとしたとき、常連さんが反対方向に向かって歩き始めたので聞いてみるとなんと「今来た道とは別の道がある」との事!

地図を確認し、「泊地区方面からも登ってこれること」を教えていただきました!

ありがとうございます。

今来た道を戻らなくていいと分かったとたん緊張感が解けました。。

本当に良かった。

帰りは「泊方面」に向かって下山していきます。

途中に「大敷展望台」がありましたので結果オーライでした。

こちらに来なければ見にこれなかった!

見渡す限り海!

海を堪能したところで先に進みます。

ここからはこんな感じの草が生えた階段を下っていきます。

写真は下りなのですが上ってるようにも見えます。

注意、上りです。

でました。

イノシシ注意。

きれいな歩道に出てきました。

つばきロードももうすぐ終わりです。

本当に自然がいっぱいで空気が気持ちいいです。

つばきロード遠見山コースの終わりが見えました。

こちらからも登れるんですが、私にとっては終点です。

つばきロードは「倉瀬コース」と「遠見山コース」の2つがあるのですがそれぞれ違ったコースになっていて、一般の方には「倉瀬コース」、上級者の方には「遠見山コース」をおすすめします。

初見の方はまずは倉瀬コースに行ってみると地島の良さが堪能できるのではないかと思います。

天気がいいと本当に「空気がきれいで緑がきれい」で脳内がリラックス出来ます。

また来るなら、「倉瀬コース」だけゆっくり回って帰ると思います(笑)

宗像市地島『豊島地区』編・・・おすすめは登山とウォーキング宗像のブログを書くようになって地島の事を何も知らないなと思って地島に行ってきました。 地島は宗像市です。 結論から言いますと、地島は...
宗像市地島『つばきロード倉瀬コース』編今回の記事は、2つある登山コースのうち「つばきロード倉瀬コース」をご紹介します。 宗像市地島に「登山,ウォーキング」に来られる方はこち...
宗像市地島『泊地区』編・・・おすすめは釣りと海水浴宗像市「地島」シリーズ最後の紹介は『泊地区』です。 地島に滞在したのは約4時間でしたが、島をほぼ1周できたと思います。 本来なら「泊...