宗像大社 Munakata Shrine

宗像大社の「御神木(ごしんぼく)・御神紋(ごしんもん)」

御神木(ごしんぼく)「楢の木(ならのき)」

御神木とは「神様が降りてこられる時の目印」とされる木を意味します。

宗像大社の「御神木(ごしんぼく)」は「楢の木(ならのき)」です。

この「御神木」は宗像大社の「本殿右奥」にあり、「樹齢五五〇年」とも言われています。

御神紋(ごしんもん)

家に家紋があるように神社には「御神紋(ごしんもん)」があります。

宗像大社の「御神紋」は「御神木の楢の木」の葉と実をあしらった文様で、歴代の「宗像大宮司家の家紋」としても使われてきました。

御神木は「裏紋」に使われ、「表紋」は皇室の御紋である「十六菊花」紋を勅許を受けて使用しています。

御神木「相生の樫」

二本の幹から伸びた枝が仲睦まじく交差し合った連理の樹木は男女の絆を深め恋愛が実り末永く夫婦円満の福徳が有ると言い伝えられています。

この樫の木はご覧の通り固い絆で目出度く枝が結ばれておりその神縁により御神木「相生の樫」と命名されました。

相生の樫の場所は「高宮参道を通って高宮祭場に向かう途中」の第二宮,第三宮に向かって曲がる「交差点」の所にあります。