食事ができるスポット

「海の道むなかた館」ってご存じですか?

宗像大社の隣にあります「海の道むなかた館」に行ってきました。

今年で6年目だそうです。

この施設では、宗像市の歴史や文化を知ることが出来る「展示物や3Dシアター」などがあります。

館内には「宗像市民図書館,深田分館(ふかたぶんかん)」もありますので関連書籍を閲覧することもできます。

訪問日:2019年02月13日

【常設展示】旧石器・縄文

鐘崎式土器(かねざきしき,どき)

  • 鐘崎(上八,こうじょう)貝塚
  • 縄文時代後期
  • 器高19.8cm(復元)

考古学上、「鐘崎の地名」がつけられた土器。

九州に広く分布し、「曽畑式土器(そばたしき,どき)」とともに縄文文化の広がりを知ることのできる資料。

上の写真が「鐘崎式土器」。

上の写真が「曽畑式土器」。

【常設展示】古墳時代

鍛冶道具(かじどうぐ)

  • 朝町山ノ口5・6号墳(あさまち,やまのくち)
  • 古墳時代後期
  • 鉄鉗(かなばし),(右)全長47.0cm
  • 鉄鎚(てっつい),(左)全長21.4cm

鉄鉗は熱した鉄を掴み、鉄鎚は熱して柔らかくなった鉄を叩いて形成するためのもの。

宗像市内でも「古墳時代」に「鉄器の生産」が行われていたことを物語る資料。

一見、現在使用されている道具と比べても違いはない。

釣針(つりばり)

  • 大穂町春遺跡(おおぶ,まちはる,いせき)
  • 古墳時代後期
  • (左)全長4.4cm,(右)全長1.1cm

先端には「カエシ」が確認できる。

形状は現代の「釣針」と大きな差異はなく、大型のものは「アラ(クエ)」用、小型のものは「ヒラマサ」用の釣針に似ている。

蛇行状鉄器(だこうじょう,てっき)

  • 大井三倉遺跡(おおい,みくら,いせき)
  • 古墳時代後期
  • 全長55.6cm
  • 馬具の一種

鞍に取り付け「旗立(はたたて)」の機能を持つ。

先端がソケット状になり、「旗竿」を差し込むことができる。

国内の出土はめずらしい。

朝鮮半島の「高句麗(こうくり)古墳壁画」や日本出土の「埴輪(はにわ)」に使用表現がある。

鳥足文土器(ちょうそくもん,どき)

  • 冨地原川原田遺跡(ふじわら,かわはらだ,いせき)
  • 古墳時代中期
  • 口径17.6cm
  • 住居跡出土

朝鮮半島百済系(くだらけい)」のもので、胴部外面に鳥の足跡のようなタタキの痕跡があるのが特徴。

古墳時代の宗像市に「朝鮮半島の文化」が入ってきていたことを示す資料。

ジョッキ型土器

  • 久原瀧ヶ下遺跡(くばら,たきがした,いせき)
  • 古墳時代中期
  • 器高8.7cm
  • 須恵器製

須恵器」は古墳時代中期に朝鮮半島から伝わった技術で焼かれた「陶質土器(とうしつどき)」。

なお、古墳時代、須恵(すえ)、稲元(いなもと)地区には多くの「須恵器窯(すえきがま)」がつくられ、北部九州の須恵器生産の一大拠点だったことが知られている。

常設展示,古代・中世

皇朝十二銭(こうちょう,じゅうにせん)

  • 三郎丸今井城遺跡(さぶろうまる,いまいじょう,いせき)
  • 奈良時代
  • 和同開珎(わどうかいちん)
  • 直径2.5cm

和同開珎(わどうかいちん)」「万年通宝(まんねんつうほう)」「神功開宝(じんぐうかいほう)」を含むと121枚とガラス小玉が紐を通された状態で見つかった。

青磁碗

  • 久原遺跡
  • 鎌倉時代,器高6.6cm

外面に「ハスの花を模した模様」を削り出し、「薄緑色の半透明な釉薬(ゆうやく,うわぐすり)」を施す。

【常設展示】近世・現代

織女社(しょくじょしゃ)と牽牛社(けんぎゅうしゃ)の御朱印(ごしゅいん)

七夕祭(たなばたさい)」の際、大島にある「宗像大社中津宮(むなかたたいしゃ,なかつみや)」の「社務所(しゃむしょ)」にて授与(じゅよ)してもらえる。

鐘崎と海女文化

宗像市の北部沿岸、「玄界灘(げんかいなだ)」と「響灘(ひびきなだ)」の境を成す「鐘崎沖(かねざきおき)」は、「潮流(ちょうりゅう)」の速いことで知られる。

その磯で培われた「海女漁(あまりょう)」の技術の優秀さは、江戸期の記録においても知ることが出来る。

また、鐘崎は「日本海沿岸部における海女のふるさと」と称されるように、山口や島根、はては石川県輪島沖(わじまおき)の「舳倉島(へぐらじま)」にまで出稼ぎに行き、住みついて「枝村(えだむら)」を残した。

イソベコ

  • 福岡県指定有形民俗文化財
  • 木綿製(もめんせい)の腰巻(こしまき)。

ヒトデ形の刺繍(ししゅう)があり、ヒトデは別名「タコノマクラ」とも言われ、魔よけの効果があると考えられている。

昔は「アタマカブリ」,「イソジュバン」,「イソベコ」のみで潜っていたが、現在では「ウェットスーツ」に変わっている。

アタマカブリ

  • 福岡県指定有形民俗文化財
  • 頭髪の乱れを防ぐ「木綿製の頭にかぶる頭巾」。
  • 額にあたる部分に「」の刺繍がある。

「大」という字は「アワビガネ」の握り手にも彫り込まれている。

大漁するように、漁マン(運)のいいごと」と言われているが、深い「呪的(のろいてき)な祷(いの)り」も込められている。

写真左が「アタマカブリ」、写真中央が「イソベコ」。

【重要文化財】銅矛(どうほこ)

  • 北九州市小倉南区重留遺跡
  • 弥生時代後期
  • 全長83.5cm

広形銅矛(ひろがた,どうぼこ)」と呼ばれる大型化した銅矛(どうほこ)。

刃の研ぎ出しがなされておらず、武器としての機能は全く失われている。

銅矛を含めた「武器形青銅器(ぶきがた,せいどうき)」が竪穴住居(たてあな,じゅうきょ)跡内に埋納(まいのう)された珍しい事例であり、弥生時代の「祭祀(さいし)」のあり方を検討するうえで重要な資料。

人物埴輪「鞍に乗った貴人」

  • 八女市立山山13号墳
  • 古墳時代後期
  • 高さ72.5cm

鞍に跨(またが)り、頭には冠を被り、腰には剣を履いている男性である。

この埴輪の服には、刺繍として「三角文(ウロコ文)」が確認できる。

宗像海人族のルーツを探る

昭和に活躍した人類学者,金関武夫(かなせきたけお)氏が昭和40年(1965)に発表した「むなかた」のなかで、北部九州の宗像は胸に鱗型のイレズミをした「海人(うみんちゅ)」の子孫であると述べた。

その後、平成4年(1992)に元同志社大学の辰巳和弘(たつみかずひろ)氏は、金関説を支持し八女市立山山(やめし,たちやまやま)13号墳から出土した「人物埴輪の衣服に見られる三角文(ウロコ文)こそムナカタのしるしだ」と考えた。

3Dシアター

海の道むなかた館では、無料で「3Dシアター」を見ることが出来ます。

2019年2月現在,「9つの映像」から好きな映像を選んで視聴することが出来ます。

おすすめの映像は「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群(上映時間11分)です。

沖ノ島は現在「一般市民」が立ち入ることが出来ませんので大変貴重な映像です。

御土産お休み処「宗像蒼の杜」

海の道むなかた館には「軽食コーナー」もありますので休憩することもできます。

宗像の「お土産」も買うことが出来ます。

営業時間は平日は10:00~16:00,土日祝は9:30~16:30になっています。

宗像市の航空写真

館内の床には、宗像市の「航空写真」が飾られていて宗像市の全体図を見ることが出来ます。

海の道むなかた館・・・案内図

菅官房長官視察

2018年12月16日、西日本政経懇話会の公演にて福岡入りした菅義偉官房長官は、宗像市を訪問。

神宝館や海の道むなかた館を視察された。

辺津宮の滞在は20分程でしたが宮司の案内により8万点の国宝を収蔵する神宝館などを拝観された。

その後、海の道むなかた館では小川福岡県知事、伊豆宗像市長、原崎福津市長などと面会され、同館の展示を視察された。

最後に

私は、宗像市民ですが「海の道むなかた館」は宗像のことを知るのにとても最適な場所だと思います。

宗像の観光ならここをおすすめします。宗像大社の真横ですし、入場無料ですし本当におすすめです。

参考資料

  • 平成30年度,海の道むなかた館,特別展,漫画考古学「宗像教授帰省録」
  • 海の道むなかた館パンフレット
  • 宗像大社発行,如月第696号

海の道むなかた館・・・インフォメーション

開館時間 

  • 9:00~18:00

休館日

  • 毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌平日)
  • 年末年始(12月29日から翌年01月03日まで)
  • ※臨時開館することがあります

入館料

  • 無料(特別展示等の場合は有料になる場合があります)

お問い合わせ先

  • 海の道むなかた館(宗像市郷土)
  • 住所 福岡県宗像市深田588番地
  • 電話番号 0940-62-2600
  • FAX 0940-62-2601

関連サイト

  • 海の道むなかた館 http://searoad.city.munakata.lg.jp
  • むなかた電子博物館 https//munakaku.jp/

海の道むなかた,アクセス

  • 811-3504 福岡県宗像市深田588