宗像大社 Munakata Shrine

宗像三女神の「本地仏(ほんじぶつ)」がある「鎮国寺」

撮影日:2019年10月14日

鎮国寺は「身代り不道明王」で有名です。

そして「四季折々の花」がたくさん見れることでも有名なお寺なので「1年に何回も訪れたくなる」そんなお寺です。

本堂(五仏堂)には、宗像三女神の「本地仏(ほんじぶつ)」が安置されています。

鎮国寺の「奥の院」は宗像の「パワースポット」としても知られていますので体力に自信のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

護摩堂(ごまどう)

「秘仏身代り不動明王」が安置されています。

国指定重要文化財

毎年04月28日のみ「御開扉」されます。

本堂(五仏堂)

鎮国寺に「宗像三女神の本地仏」が安置されたことによって「神仏一体」の環境になりました。

五仏とは・・・「阿弥陀如来」,「薬師如来」,「大日如来」,「釈迦如来」,「如意輪観世音菩薩」の事を言います。

  • 大日如来・・・田心姫神(たごりひめのかみ)の仏様
  • 釈迦如来・・・湍津姫神(たぎつひめのかみ)の仏様
  • 薬師如来・・・市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)の仏様

本堂は慶安3年(1650年)藩主黒田忠之公により再建されました。

建立当時は瓦葺きでしたが、のち茅葺に変わり、昭和54年の解体修理のときに銅板葺きとなりました。

「宗像市」指定文化財

パワースポット・奥の院

宗像パワースポット

鎮国寺発祥の聖地

九州八十八ヵ所百八霊場108番結願札所

「この地こそは鎮護国家の根本道場たるべき霊地」とお告げを受けたといわれています。

弘法大師が修法した岩窟の御前には不動堂が建てられ、護摩壇が設けられています。

中央に「石造不動明王立像」、右奥壁に「線刻釈迦如来石仏」が安置されており、毎月27日に護摩供が厳修されています。

「岩窟内」には入れません。

梵字岩(ぼんじいわ・ぼんじがん)

仏菩薩をあらわす梵字が岩面に彫られています。

「奥の院」に向かう道中にあります。

大師堂

中央に「弘法大師座像」を安置しています。

右方の「木食上人座像」は鎮国寺の子院であった華蔵院の「清算法師」。

左方は同院の本尊であった「薬師如来座像」。

いきいき観音

御真言・・・「オン・アロリキャ・ソワカ」

  • ぼけ封じ三十三観音霊場第三十三番礼所
  • 九州三十三観音霊場第一礼所

文殊堂

修行大師

洗心公園

阿弥陀如来座像板碑

元永2年(1119年)11月07日、沙弥妙法により建立されたとあり、日本最古の板碑

「福岡県」指定文化財

水子地蔵(みずこじぞう)

水子地蔵尊・永代供養

母体に宿った胎児が出産期を待たず「流産、中絶、死産」した時や「幼没」の場合を「水子」といいます。

水子地蔵尊永代供養料金

  • 大50000円
  • 小30000円

売店・一休庵

駐車場

宗像三女神の降臨地?全国でも数少ない古代祭場「高宮祭場」世界遺産でもある宗像大社には「パワースポット」があります。 「高宮祭場(たかみやさいじょう)」です。 この宗像大社「高宮祭場」は、「...
おすすめのパワースポットは22号墳「新原・奴山古墳群」宗像で訪れることのできる世界遺産,最後の訪問地は「新原・奴山古墳群」です。 22号墳はパワースポットにもなっていますので忘れずに訪問す...