神社仏閣 Shrines and temples

鎮国寺の「奥の院」の「場所,行き方」を解説します

鎮国寺奥の院がある事を知らない方が
ほとんどだと思います

知っている方でもいざ行ってみようとすると多分迷います

実際に私が初見で行ったときは
迷って帰っちゃいました・・・

事前にしっておいたら現地で迷うこともない
と思うので写真で解説します

ネタばれになりますが、現地で見るのと
写真で見るのは空気感が違いますので
見ていったほうが見逃しがなくなって
お得だと思います

近所の方ならもう一度くればいいですが
遠方の方は何度もこれませんからね

鎮国寺の敷地を一通り見終わったら
いきいき観音像を正面に見て左を見ます

すると奥の院への入口の階段が見えます

あとは登っていくだけです

これだけですが、最初はなかなか見つからないんです

奥の院・行きの道のり

これが「奥の院,入り口」です

なかなか先は長そうに見えますよね・・・

そこそこあります

階段も急な階段がありますので、
足腰に自信のない方はやめておいたほうがいいです

宗像大社にあるパワースポット「高宮祭場」
を登れる方なら登れると思います

梵字岩

登っている途中で梵字岩があります

表札は字がうすくてみえませんので見逃しがちです

奥の院に上がっていく道を進むと
「奥の院入り口」に到着します

奥の院

ここが奥の院です

鎮国寺発祥の地」と言われています

「この地こそは鎮護国家の根本道場たるべき聖地」
と言われています

  • 堂内にお上がりになりお参りください
  • 電灯は点きませんので右の障子を開け
    お参りください
  • 「結界内」には立ち入りできません
  • 線香やローソク,木魚」をご利用後は
    元通りフタを閉めてください
  • 灯明は必ず消して退出して下さい
  • 戸締りをお願いします
  • 賽銭箱」も扉を開けたところに置いてありますので「賽銭」を入れるだけでも扉を開けなければいません

奥の院・帰りの道のり

来た道をまっすぐ戻らずに左に曲がると
「鎮守堂,修行大師,阿弥陀如来座像板碑」が見れます

鎮守稲荷

通路の高台のところに「鎮守稲荷」専用の
登り階段があり、そこから「鎮守稲荷」に行けます

このような仏様が88あります

ここから先は上の画像のような仏様が
八十八番まで安置されています

四国五十六番札所「延命地蔵菩薩」

上の写真は、四国五十六番札所の「延命地蔵菩薩」です

修行大師

二手に分かれる道がありますが
右に行ってしまうと「阿弥陀如来座像板碑」を見逃します

先に左にいって「阿弥陀如来座像板碑」を
見てから進むのが吉です

阿弥陀如来座像板碑

出口の「洗心公園」に到着します

以上でパワースポット奥の院の
「場所,行き方」の説明を終わります

宗像大社の「高宮祭場」とセットで
毎年お参りに来ようと思います

宗像三女神の降臨地?全国でも数少ない古代祭場「高宮祭場」世界遺産でもある宗像大社には 「パワースポット」があります 「高宮祭場(たかみやさいじょう)」です この宗像大社「高宮祭場」は、「...
宗像三女神の「本地仏(ほんじぶつ)」がある「鎮国寺」 撮影日:2019年10月14日 鎮国寺は「身代り不道明王」で有名です そして「四季折々の花」がたくさん見れることで 有名なお寺...
おすすめのパワースポットは22号墳「新原・奴山古墳群」宗像で訪れることのできる世界遺産,最後の訪問地は「新原・奴山古墳群」です。 22号墳はパワースポットにもなっていますので忘れずに訪問す...