宗像の施設

「ゴミ捨て」に困ったら「エコパーク宗像」へ

宗像市の家庭で出たゴミは宗像市のゴミ処理場(エコパーク宗像)に持ち込めば、有料で引き取ってくれます。

ゴミ捨て方法に困ったらとりあえず宗像市のゴミ処理場(エコパーク宗像)に持って行ってみましょう。

ほとんどのゴミは引き取ってくれると思いますよ。

家庭用ゴミで意外と処理しにくいのが「燃えないゴミ」と「古新聞,雑誌,ダンボール」だと思います。

他にも「ガラス,陶器」なども意外とため込みやすいゴミですよね。

このページでは「エコパーク宗像で引き取ってもらえるゴミの種類」と「エコパーク宗像の利用方法」を解説します。

エコパーク宗像で引き取ってもらえるゴミの種類

燃えるゴミ

いつも収集に来てもらっている燃えるゴミもエコパーク宗像で引き取ってもらえます。

朝の忙しい時間にゴミを出すのが難しい方はまとめて持っていくのもいいかもしれませんね。

その際「宗像市指定のゴミ袋」に入れる必要はありませんので「無地のゴミ袋」に入れてくのがいいと思います。

宗像市指定のゴミ袋」は高いですからね・・・

「古新聞」や「雑誌」,「ダンボール」も燃えるゴミとして引き取ってもらえます。しかもきれいに縛ってなくても大丈夫です。

「古新聞」,「雑誌」,「ダンボール」も自宅近所まで回収に来てくれていると思いますが,これもまた「出すタイミングを逃した方」はエコパーク宗像が非常に便利です。

エコパーク宗像は有料なので「宗像市指定のゴミ袋」に入れる必要はありません。

燃えないゴミ

「燃えるゴミ」だけをわざわざエコパーク宗像に持ち込む方は少ないと思いますが、「燃えないゴミ」って月に1回しか近所で出すことが出来ないんですよね。

なので家庭にため込みやすい「燃えないゴミ」もエコパーク宗像なら「日曜日以外」いつ行ってもほぼ開いていますので忙しい方にぴったりの施設といえます。

燃えないゴミの代表格といえば「空き缶,空き瓶,金物,電球,乾電池,ガラス」だと思います。

これらの処分は「燃えないゴミを捨てるスペース」まで車で移動すると、各項目ごとに捨てる場所が決められていますのでセルフサービスで捨てていきます。

空き缶を捨てる際の注意点としては、「ガスが入っているものはあらかじめガス抜きでガスを抜いて」から捨てましょう。

最低限のマナーですね。ガス抜きは100円ショップで売ってます。

割れてるガラスや電球など

割れたガラス瓶や割れた電球などは危ないので手袋をしてから扱うようにしましょう。

割れたガラス瓶」や「割れた電球」なども「割れてないガラス瓶」や「割れてない電球」と同じ場所に捨てて構いません。

豪快に捨てましょう。

陶器

注意点として、なんでも捨てられるエコパーク宗像でも「陶器」だけは捨てられないんです・・・

なので、「陶器」は宗像ユリックスの資源ゴミ受入施設「西側資源物受入施設」かエコパーク宗像施設内にある「北側資源物受入施設」までもっていきましょう。

資源ゴミ受入施設は受入している曜日が限られています。

宗像ユリックスの資源ゴミ受入施設「西側資源物受入施設」は毎週水,土,日に「無料」で受け入れしています。

エコパーク宗像施設内にある「北側資源物受入施設」は毎週土,日に「無料」で受け入れしています。

粗大ごみ

持ち込める物であれば、大体引き取ってもらえると思います。布団、家具、木材なんかが粗大ごみになります。

宗像ユリックス,資源ごみ,西側資源物受入施設

燃えないゴミの中でも「空き缶,空き瓶,ガラス,陶器,古新聞,ダンボール」などを「資源ゴミ」と言います。

資源ゴミ」は宗像市が「無料」で引き取っていますのでそれを利用するのもいいですね。

宗像ユリックスの「ゆーゆープール」横にある資源ゴミ受け入れ施設「西側資源物受入施設」にて毎週水,土,日に「無料」で受け入れをやっているのでそこに持ち込むのもアリです。

エコパーク宗像の施設内にある資源ゴミ受入施設「北側資源物受入施設」は毎週土日に「無料」で受け入れをやっています。

北側,西側資源物受入施設」の注意点は、あくまで「資源ゴミ」として「再利用するのが目的」であるため「空き缶や空きビンをきれいに洗ってから持ち込まないといけない」というルールがあります。

洗っていない燃えないゴミはエコパーク宗像に持っていきましょう。

エコパーク宗像の利用方法

青信号を確認。入口に向かって左側の計量器に車両をとめて受付へ。

計量窓口で申請書に申請者の「住所,氏名,ゴミの発生場所,ゴミの内容」などを入力。この時点の車の重量を計ります。

運転手はこの時点で車に乗っていないため重量には含まれません。

同乗者がいる場合は同乗者の重量も計量に含まれます。

上記の「整理番号付き案内図」を貸し出されるので、その案内図を見ながら施設内を移動します。

回る順番は自由ですが、回る順番を指定される日もあります。

おすすめの順番は「燃えるゴミ」からです。

工場内は右回り(時計回り)の一方通行。

係員の指示に従って、指定の場所に自分でゴミを降ろします。

係員の方は補助的なサポートはしますが基本的には自分でゴミは降ろしましょう。

あとは、各ゴミ捨て場に作業員の方がいますのでわからないことがあったら聞きながら捨てましょう。

出口の計量時も計量を行いますので、信号が青になっていることを確認して計量器に乗ります。

ゴミを捨てた後にもう一度計量し、「入場時の重量との差」を算出します。

エコパーク宗像,自己搬入した際にかかる費用

10kgごとに140円です。

エコパーク宗像,受入可能な日時と時間帯

月曜日~土曜日(祝日も可)の13:00~16:30

※日曜日、12月29日~01月03日は休み

宗像市で収集・処理できないもの

パソコン

処理方法1

  • 市が協定を締結している「リネットジャパン株式会社」に回収を依頼する。
  • 電話 0570-085-800
  • http://renet.jp

処理方法2

  • メーカー受付窓口に回収を依頼する。

処理方法3

  • メーカーが回収しない場合や自作パソコン等は、「パソコン3R推進協会」に回収を依頼する。
  • 電話 03-5282-7685
  • http://www.pc3r

家電リサイクル対象品目

テレビ・冷蔵庫・ワインクーラー・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・エアコン

処理方法1

  • 電器店などの販売店に引き取りを依頼する。

処理方法2

  • 市の許可業者に引き取りを依頼する。

バイク

処理方法1

  • 買った店か、専門の業者に引き取りを依頼する。

処理方法2

  • 「二輪車リサイクルコールセンター」に問い合わせる。
  • 電話 050-3000-9727
  • http://www.jarc.or.jp/motorcycle/

その他

エンジンオイル・消化器・タイヤ・自動車部品・金庫・ボーリングのボール・ピアノ・農業用機械・バッテリー・塗料・プロパンガス等

処理方法

  • 買った店か、専門の業者に引き取り依頼する。

宗像,ゴミ処理場,アクセス,地図

北側資源物受入移設(エコパーク宗像の横にあります),アクセス,地図

住所 811-3401 宗像市池浦600-2

受入日 毎週土曜日,日曜日

受入時間 午前9時~午後5時まで

宗像ユリックス,資源ゴミ,西側資源物受入施設,アクセス,地図

住所 811-3422 福岡県宗像市王丸842

受入日 毎週水曜日,土曜日,日曜日

受入時間 水曜日は午前9時~午後7時まで。土曜日,日曜日は午前9時~午後5時まで。

安全に自己搬入するために

エコパーク宗像へのゴミの搬入は、毎年増加傾向にあり土曜日祝日に搬入が集中します。

施設内での車両事故等の防止を目的に混雑状況に応じて、受け入れの車両台数を一時的に制限することもあります。

このため受付での待ち時間が長くなることもありますが、ご理解とご協力をお願いします。

また、場内は安全対策のため、ごみ搬入車両の一方通行やスピードの制限などをしていますので必ず係員の指示に従ってください。

エコパーク宗像では、効率的な工場運営を求められる中で、常に費用の削減につとめています。

こうした費用は、ごみの質や排出量に大きく影響されます。

市民の皆さんには今一度3R【廃棄物の発生抑制(リデュース)、再利用(リユース)、再利用(リサイクル)】への取り組みに、ご理解とご協力をお願いします。

最後に、宗像市のゴミ出し方のサイトをご紹介します。

宗像市のゴミの出し方

エコパーク宗像,アクセス

住所 811-3401 福岡県宗像市池浦600-1

受入日 毎週月曜日~土曜日

受入時間 13時~16時半