大島 Oshima

ポルトガル人・ヨハン神父の隠れ家?宗像市大島にある「三浦の洞窟」

三浦の洞窟に「知識ゼロ」で行ってきました

この後、「大島交流館」の展示を見てココが「ポルトガル人のヨハン神父」が隠れ住んでいた場所であることを知りました

大島ポルトガル人が到来

島原の乱をうけ、江戸幕府が異国船への警戒を強めていた寛永20年(1643)05月12日、津和瀬に異国船が到来しました

ポルトガル人の「ヘイトロ(70歳),アランス(51歳),ジェセイノチア(40歳),フランシスコカッソフラン(40歳)」の「バレテン(宣教師)」4人のほか、「イルマン(修道士)」1人、「キリシタン(信徒)」5人の計10人は、黒田藩の島守によって捕らえられ、島民に褒美が与えられました

ちなにみ「ポルトガル人が漂着」したのは「大島の西側にある丸山付近の海岸」だと言われています

また、ほぼ同じ頃、三浦の洞窟にも「ヨハン神父」が隠れ住んでいたと伝えられています

ポルトガル人が漂着したと言われている津和瀬の海岸

三浦の洞窟への道順

三浦の洞窟に入る「直前の景色」はめっちゃきれいですよ!

階段は「めっちゃ急」なので気を付けてくださいね・・・

三浦の洞窟の中

三浦の洞窟の中は、今でも「きれいに保たれている」ので「入り口にある仏様が大島の住民のご先祖様」なのだろうと思いました

何かの縁なのでしっかり「お参り」してきました

一人で行く方は「結構怖い」ので覚悟して行ってくださいね