歴史 History

縄文土器が出土「鐘崎上八貝塚」

宗像に「貝塚」があるのは知りませんでした。

ちなみに1987年に「宗像遺産埋蔵文化財」に指定されています。

貝塚とは、古代の人々が捨てた貝殻などが堆積(たいせき)した遺跡の事です。

鐘崎貝塚は、稲作がまだ普及する前、漁ろうや食物採集で人々が生活を営んでいた縄文時代後期の遺跡です。

厚さ30~90cmの貝層から「アサリ,アカガイ,カキ,サザエ」などの海生貝類を主として、「シジミ,ニナ」などの淡水生貝類、「猪や鹿,魚,鳥類の骨」が出土しています。

また、石器類や土器類も出土しており、当時の人々の暮らしの一部を知ることが出来ます。

遺跡の発見

鐘崎貝塚は1932年(昭和7年)に郷土史家で旧宗像高等女学校に赴任していた「田中幸夫」が発見しました。

4年後の1936年(昭和11年)に学術雑誌上で発表し、九州で初めて出土した磨消(すりけし)縄文土器は考古学会で注目されました。

北部九州の縄文時代後期土器を代表する鐘崎式土器

縄文土器とは、表面に縄文の文様を施した縄文時代の土器です。

鐘崎貝塚から出土した縄文土器は、「磨消縄文土器」といい、縄目を施した土器の表面を線でかたどって区画し、その内側か外側を「磨り消した文様」を持っています。

鐘崎貝塚で出土した「磨消縄文土器」は、考古学者の三森定男が「鐘ガ崎式土器」を設定し、縄文時代後期に位置付けたことで、北部九州における「標式土器」となりました。

これまでの発掘調査

鐘崎貝塚は、過去3回の発掘調査が実施されています。

学術調査で初めて鐘崎貝塚が発表された1936年「田中幸夫」は九州帝国大学教授の「鏡山猛」とともに発掘調査を実施しました。

1952年郷土史家の「名和羊一郎」らにより鹿角製笄2点を頭部に装着した「老年女性人骨1体」が発見されました。

1963年には「人骨4体」が発見され、出土遺物にはサメ歯製耳飾が含まれていたとされています。

これからの課題

北部九州における縄文時代後期の標式土器が出土した鐘崎貝塚ですが、過去の調査内容に関する具体的記録が伝わっておらず、遺跡の具体像が解明できていません。

そのため、再度の発掘調査を実施し、遺跡の具体像を解明することが今後の課題と言えるでしょう。

また、同じ砂丘にある「さつき松原遺跡」や「沖ノ島」にも縄文時代の人々の痕跡が残るため、これらの遺跡との関連性にも注目されます。

撮影日:2019年04月05日(土)

鐘崎上八貝塚・データ

  • 所在地 福岡県宗像市上八(こうじょう)
  • 指定日 1987年02月01日

参考資料

海の道むなかた館・パンフレット

海の道むなかた・お問い合わせ

  • 住所 福岡県宗像市深田588
  • 電話番号 0940-62-2600
  • 開館時間 9:00~18:00
  • 休館日 月曜日
  • ウェブサイト http://d-munahaku.com/index.jsp
遺跡でもあり歴史テーマパークでもある「いせきんぐ宗像」良く通る道なのでいつか行ってみようと思っていたのですが1年以上行くとこはありませんでした・・・ 散歩がてら行ってきましたので簡単なレポ...
インパクト抜群・一見の価値あり「平等寺瀬戸遺跡」最寄りに「バスの停留所,駅」はありませんので県外から来られるならJR赤間駅から「タクシー」が一番いいかと思います。 市内の方でも遠くに...
見る価値あり!きれいに残されている遺跡「朝町竹重遺跡」朝野団地の「朝野第二」というバス停で降りればアクセスしやすいと思います。 バスの時間を確認してから遺跡見学したほうがいいですね。 訪...