遺跡・古墳

宗像ユリックスは「久原遺跡」跡地に作られました

この古墳群は、昭和60年から昭和61年にかけ、「宗像ユリックスの建設」にともなって発掘調査された久原遺跡(くばらいせき)の一部です。

全長45mの前方後円墳(Ⅱ-3号墳)1基をはじめ、3基の円墳を保存しています。

前方後円墳には墳丘を囲む溝から人物埴輪・家形埴輪(いえがたはにわ)・円筒埴輪(えんとうはにわ)が出土しており、かつては墳丘上に立ち並んでいたものと考えられています。

久原遺跡には、これら約1500年前の古墳のほか、弥生時代から鎌倉時代(約2400年から700年前)まで営まれた大規模な墳墓や集落遺跡が調査され、宗像の歴史を知る手がかりを得ています。

撮影日:2019年02月26日

弥生時代(今から約2300~1700年前)

前期はⅡ区の調査で出土した土壙墓(どこうぼ)8、甕棺墓(かめかんぼ)5、貯蔵穴(ちょぞうけつ)18があります。

土壙墓は成人用の墓で、素掘り長方形墓壙の底に板石を配置するものは木棺を据えた棺台です。

出土遺物は有柄式磨製石剣(ゆうへいしきませいせっけん)有茎式磨製石鏃(ゆうけいしきませいせきぞく)、副葬小壺があります。

磨製石剣は長さ26.2cm、磨製石鏃は全長9.2~10.8cmの完形品で研減りが認められています。

甕棺墓は小児用で、壺の口縁部を打ち欠いて利用しています。

貯蔵穴は穀物貯蔵用の平面円形、断面フラスコ状に掘り込んだもので、深さ2mを超えます。

内部から「甕,壺,石斧」などが出土しています。

中期はⅣ区の土壙墓があります。

1号土壙墓は2.9×1.9m規模の二段掘りの墓で、中から銅剣と銅矛が出土しました。

銅矛は長さ21.5cmの完形品で、柄をつける部分の両側に2個の耳を呼ぶ環があります。

古墳時代(今から約1700~1400年前)

初期の墳墓は、Ⅳ区の谷奥最高所に占地する石棺墓・石蓋土壙墓の一群です。

前期のⅢ区4方墳は直径18mの円墳で、二段掘りの長方形墓壙(ぼこう)に粘土槨(ねんどかく)組合せ式木棺を収め、内行花文鏡、刀子、鉄斧が出土しました。

鏡は1/2強を残す径12.8cmの青銅製で、鎧は一対ではなく1点のみです。

「君宜高官(くんぎこうかん)」の銘を読み取ることができます。

Ⅰ区1号墳は直径17mを超す円墳で、竪穴式石室外から鉄製輪鎧、鉄鏃、ヤリガンナ、鉄斧が出土しています。

後期のⅡ区3号墳は全長45mの前方後円墳で、後円部中央に単室の横穴式石室が築かれ、内部から巻貝を装着した雲珠や辻金具、馬鈴などの馬具、工具、武器が出土しています。

墳丘を囲む濠から家形埴輪、人形埴輪及び円筒埴輪が出土し、かつては墳丘上に立ち並んでいたものと考えられます。

古代末~中世前半(今から約800~700年前)

Ⅰ区の幅3m、長さ85m、深さ2mほどの溝から青磁、白磁、褐釉四耳壺などの中国製陶磁器やすり鉢、皿などの日常雑器が出土しました。

磁器は中国宋代の龍泉窯(りゅゆせんよう)、同安窯で焼かれたものが多くを占めます。

また、溝の多くから出土した青磁碗、紙状の漆製品などを副葬した1号木棺墓やⅡ区の古墳盛土中に湖州鏡を副葬した木棺墓の存在などから、溝に囲まれた館があったものと推定しています。

久原瀧ヶ下遺跡(くばら,たきがした,いせき)

この遺跡は、釣川の支流である高瀬川左岸の段丘上に広がっています。

メイトム宗像の建設」にともない、宗像市教育委員会が平成7年2月~11年5月にかけて発掘調査を行いました。

その結果、古墳時代(4世紀~6世紀)の竪穴住居105棟をはじめ、中世の建物や墓などが確認され、古墳時代に最も栄え、中世まで続いた大規模な集落遺跡であることがわかりました。

また、この遺跡のすぐ南(宗像ユリックス)側には、ほぼ同時期に営まれた久原遺跡があり、約50基の古墳(古墳時代の墓)が調査されています。

古墳時代、久原瀧ヶ下遺跡で暮らしていた人々は、久原遺跡の古墳に眠っているかもしれません。

久原遺跡・インフォメーション

所在地

福岡県宗像市久原(宗像ユリックス)

面積

約22000㎡

指定

約5000㎡を「久原澤田古墳群」として昭和63年10月12日に「宗像市の史跡」に指定

概要

遺跡は内陸盆地の釣川左岸に位置します。

昭和60年・61年に標高20~40mの丘陵上に分布する弥生時代の土壙墓(どこうぼ)41、甕棺墓(かめかんぼ)5、貯蔵穴(ちょぞうけつ)18、祭祀土坑(さいしどこう)1、古墳時代の住居跡1、古墳49、小形石室墓(こがたせきしつぼ)2、石棺墓(せっかんぼ)4、石蓋土壙墓(せきがいどこうぼ)4、古代~中世の大溝1、木棺墓3を調査しました。

参考資料

宗像市教育委員会パンフレット

お問い合わせ

  • 宗像市教育委員会
  • 福岡県宗像市東郷995
  • 電話 0940-36-1540
  • http://www.city.munakata.fukuoka.jp/

久原遺跡・アクセス

遺跡でもあり歴史テーマパークでもある「いせきんぐ宗像」良く通る道なのでいつか行ってみようと思っていたのですが1年以上行くとこはありませんでした・・・ 散歩がてら行ってきましたので簡単なレポ...
インパクト抜群・一見の価値あり「平等寺瀬戸遺跡」最寄りに「バスの停留所,駅」はありませんので県外から来られるならJR赤間駅から「タクシー」が一番いいかと思います。 市内の方でも遠くに...
見る価値あり!きれいに残されている遺跡「朝町竹重遺跡」朝野団地の「朝野第二」というバス停で降りればアクセスしやすいと思います。 バスの時間を確認してから遺跡見学したほうがいいですね。 訪...